「40代システムエンジニアの転職」と言うと、一般にはかなり厳しいと思われています。その理由は、第一に年齢のハンディーがあります。雑誌や電車の中吊り広告で見る転職者の募集は、たいてい25歳から35歳くらいの年齢を想定しています。年齢が高い求人でも、せいぜい40歳まででしょう。

人間は、40歳を過ぎると一般に肉体的にも精神的にも「衰え」が生じてきます。そのため企業は、40歳以上の転職者を受け入れたとしても新しい仕事を覚えさせたり、その後の長期的なキャリアを形成していったりするのがやりにくいと考えています。

20代の方が頭が柔らかく、仕事をさせる上で企業が使いやすいのです。多くの求人に年齢制限があるのは、そのためです

第二に、多くの40代の会社員は20代などの若手に比べて給料が高いことがあります。40代会社員は、長年の会社勤めの中で昇給していますし扶養家族がいる人も多いです。そういう人にとって、転職によって給料が下がることはなかなか受け入れがたいものです。

特に扶養家族がいる人にとって、給料が下がることは死活問題になります。会社にとっては、新しい社員を採用する場合に給料が高いよりも低い方がコストを抑えられます。すなわち、若手の方が使いやすく低コストなのです。そのため、必然的に求人対象は40代の中年よりも20代などの若手が多くなるのです。

第三に、システムエンジニア(SE)という職業の専門性があります。SEは、コンピューターを使ったシステムの設計などを行う職業ですが、長くSEを続ければ続けるほど、その仕事に関わる専門性の高い知識が蓄積されていきます。例えば、業務系システムであればその業務内容や業界に関する専門知識といったものになります。

そのような専門知識は、今の会社で仕事をする上では役に立つでしょうが、別の会社では必ずしも役に立ちません。これが全く同業種への転職ならば、多少は役に立つこともあるかと思いますが、そうでない場合を含めて多くは役に立ちません。SEという職業は、その専門性のためにつぶしが利きにくいのです

「転職したいけど、移った先の会社で仕事が覚えられなかったらどうしよう。これまで歩んできた人生を踏み外すことはしたくない」と、転職をちゅうちょしてしまう人もいるでしょう。あなたがSEであれば、ここで述べている意味がおわかりではないかと思います。

それでは、40代SEが今の仕事を辞めたいと考えてもそれは無理なのでしょうか。結論から言うと、決してそんなことはありません。筆者(このサイトの作成者)自身、40代後半のSEでした。ある日、思うところあって転職を決意し、その後2ヶ月でポジションや年収などを含めて希望に合った転職を実現しました。

ここでは、「40代という年齢面のハンディーを持つSEが、リスクなく転職活動を行い最終的に転職を成功させる」ための方法について述べていきたいと思います。

何が何でも転職を成功させるという強い気持ちを持つ

転職活動は、どんなにスムーズに行ったとしても1ヶ月以上かかります。普通は3ヶ月から6ヶ月、またはそれ以上かかる場合も多いでしょう。その間、慣れない履歴書や職務経歴書を作成したり面接に臨んだりすることになります。面接を受ける前には、ぶっつけ本番ではなく相応の準備も必要です。

そのように長丁場となる活動の間、なかなか良い求人がなくて焦りが生じるかもしれません。希望の会社で書類選考に合格し、せっかく面接まで確約できたのに面接の前日になって急に会社側からキャンセルされてしまうことだってあります。

せっかく最終面接までこぎつけたのに、結局不採用になってしまうこともあります。

転職活動が長引いた場合、さすがに気持ちが落ち込んでしまうこともあるかもしれません。このような逆境においては、「やはり、自分には転職など無理だ…」「こんなにつらい転職活動を続けるくらいなら、今の仕事を続けている方が精神衛生上いいかな…」などと思ってしまいがちです。

しかし、ここであきらめてしまってはいけません。心を強く持つことが重要です自分の転職を何が何でも成功させるという意気込みを持って臨んでください。

転職する理由を明らかにする

自分が転職することについて、いくら気持ちを強く持ったとしても、それだけでは何ヶ月もの間気持ちを継続することは難しいです。なぜ自分は転職したいのか、理由をはっきりさせましょう

理由は、何でも良いのです。「現在の自分への評価やポジションに不満がある」「今の仕事にやりがいを感じない」「今の年収を上げたい」「会社の先行きが不安」など、なぜ今の会社に居残るのではだめなのかを自分なりに理由付けすることが大切です。

採用面接でも、「あなたは、なぜ転職するのですか」は面接官から良く聞かれる質問です。そのときの回答としては、本音とは違う回答を用意しなければならないことがありますが、ここでは自分の転職を動機づける本音の理由を考えるようにしましょう。

自分は何のために転職するのか」をはっきりさせておけば、仮にその後の転職活動が厳しい状況になったとしても、気持ちでそれを乗り越えることができます。

自分の確固たるアピールポイントを明確にする

40代SEであれば、誰でもこれまでの仕事を積み重ねてきたことによる強みを持っていると思います。この強みをはっきりさせることが大切です。強みは、単に「プロジェクトマネジメントのスキルがある」とか「プログラミングができる」というのではなく、必ず数値化してください

数値がない強みは、ばく然としたものになってしまい客観的指標がありません。そのため、そのようなアピールでは採用担当者にあなたの強みが正しく伝わりませんし、もっと言えば採用担当者が「評価不能」なのです。あなたは、あなたのアピールを聞いただけで採用担当者が「この強みはうちの会社で生かせる」と思ってくれるように伝えなければなりません。

前期の例で行けば、「10人以上のプロジェクトメンバーを率いてソフト開発費50人月以上のプロジェクトを5回経験した。利益率はどのプロジェクトも15%を達成した」とか、「Java/Java Script/PHPという3つのプログラミング言語を使えて3年以上の開発経験がある」というようなものにします。

そして、あなたの強みを組み合わせて最終的に「自分の確固たるアピールポイント」を作成します。このアピールポイントは、あなたという人を短時間で説明するための最も良い自己紹介になりますので、入念に考えましょう。

転職のプロからアドバイスを受ける

転職活動は、具体的にどんな活動から始めたら良いでしょうか。これまで何度も転職をしていて、いわば「転職慣れ」している人ならばともかく、初めて転職する人や前回の転職から長い年月がたっているような人は、何から始めて良いかわからないものです。

このような人は、迷わず転職のプロに相談することをお勧めします。転職のプロとは、ヘッドハンターや人材紹介会社(エージェント)のコンサルタントのような人です。

自分によほど自信がある人は別として、一人で転職活動をしようとは思わない方が賢明です。なぜなら、転職希望者はあなただけでなく、日本全国にたくさんいます。そして、求人を行っている会社もたくさんあります。そこには、「転職市場」が形成されているのです。その中で、あなたは希望の会社から内定を勝ち取らなければならないからです。

転職活動は、転職市場における一種の情報戦です。転職情報をすべて自分一人で収集して有効な手を打っていくというのは、無理があります。

例えばあなたにとって都合の良い求人が、あなたの知らない転職市場の中のどこかに潜んでいるかもしれません。それは、あなた自身で見つけようとしたら膨大な時間がかかるものです。あなたが、そのような求人を見つけるにはどうしたら良いでしょうか。

実は、あなたが自分自身で見つけようとするよりも、ずっと効率的な方法があります。それは、「転職サイトに登録すること」です。

複数の転職サイトに登録する

知り合いに信頼できるコンサルタントがいるのであれば、その人に相談を持ちかけて見るのも良いでしょう。しかし、たいていの人はそのような知り合いがいないでしょうし、そのコンサルタントがあなたの希望に合った紹介ができるとも限りません。

そこでおすすめなのは、転職サイトに登録することです。それも、一つではなく複数の転職サイトに登録するようにします。できれば3社以上の転職サイトに登録します。

一人のコンサルタントに求人情報の守備範囲があるように、一社の転職サイトにも同じく守備範囲があります。そのため、複数の転職サイトに頼ることで世の中の幅広い求人情報をカバーすることができます。

転職サイトにあなたの情報を登録すると、それを見たコンサルタントがあなたにマッチする求人を探してあなたに紹介してくれます。

コンサルタントは、あなたの給与交渉の味方になる

転職サイトおよびコンサルタントの報酬は、転職が成立した場合に転職先の企業から得ることになっています。そのため、サイト登録から転職完了までの間転職サイトの利用者には一切の費用がかかりません。このことも、大変助かりますね。

ちなみにコンサルタントの報酬額は、転職者の給与金額に一定率を掛けた金額になります。したがって、コンサルタントもあなたの転職先の給与をできるだけ上げようと働きかけてくれます。すなわち、本来あなたと会社とで行う給与交渉において、転職サイトを利用することでプロのコンサルタントを味方につけることができるのです

一般に、これから入社しようという会社に対して具体的な金額を含めた給与交渉はやりにくいものです。どんな人でも、入社前はその会社での確かな実績がないからです。そのような中、コンサルタントが給与交渉に加わってくれるのは大変心強い味方になります。

今の会社に勤めながら転職活動ができるのでリスクがない

転職サイトに登録しても、今の会社を辞めたり仕事を減らす必要はありません。選考に必要な書類は、平日の帰宅後や休日を使って作成できます。企業の書類審査を通過し面接段階になった場合、その企業に出向くことになるので(電話面接などを除く)休暇や半休が必要な場合があります。

基本的に面接日時についても、コンサルタントがあなたと会社の間に入って調整してくれます。したがって、転職活動は有給休暇の範囲で十分に対応可能であると言えます。

転職サイトの利用には、このように様々なメリットがあります。これを利用しない手はありませんね。

このように、一般には厳しいと考えられている40代SEの転職は、実は十分に達成可能なのです。今勤めている会社を辞めずに転職活動をすれば、少し忙しくはなりますが突然失業したり収入ダウンといったリスクを回避することができます。

そして、転職活動は転職市場の情報戦でもあります。転職サイトなどを利用して有益な情報を見極め、あなたの確固たるアピールポイントを作成することです。そして、何が何でも転職を成功させるという強い心を持ちましょう。そうすることで、きっとあなたの強みにマッチした求人が見つかるはずです。