yusei845_syoudanget_tp_v-2

SE(システムエンジニア)を取り巻く環境は、日々刻々と厳しくなっています。ITバブルが終わり、情報システムの普及が一巡したためにシステムにかけられる予算が減り、システム価格がどんどん下落しています

システム価格が下がったといっても、SEの仕事が楽になるわけではありません。リードタイム(作業を始めてから稼働までの期間)は短く、システムへの要求は減るどころか増しています。

そしてシステム構築を完了した後も、既存顧客からの問い合わせやトラブル・クレーム対応に時間を取られます。へたをすると、一日の仕事の大半をクレーム対応に費やし新規のシステム構築の作業ができなくなってしまいます。

こうなると、システム構築のビジネス自体がうまく立ち行かなくなってしまいます。システム開発のビジネスを継続するには、入りを増やすために新規のシステム構築を進めなければなりませんが、今のままでは既存顧客の要求を無視することもできず、その結果新規のシステム構築が進められなくなるのです。

システム開発事業は、業界的にこのような問題を抱えています。ビジネスのあり方と企業で働く社員のライフスタイルの改革が必要であることは間違いないでしょう。

明日の豊かな人生に向かって、行動を起こすことが必要だと思います。当サイトの情報が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

若手~中堅SEの仕事の実情

SEの職務形態は、大きく「ベンダー側」「ユーザー側」に分かれます。多くのSEは、ベンダー側です。ベンダー側SEの場合、ユーザーとなる企業からシステムの構築作業について注文を受け、注文内容に応じてシステム開発を行います。

一方、ユーザー側の場合はシステム開発会社に依頼して自社のシステム開発を行い、完成したシステムの運用をとりまとめます。ユーザー側SEは、「社内SE」と呼ばれることもあります。

いずれの側に立った場合でも、システムを設計構築してその保守を行うという意味では同じです。そして、システムの設計においてはシステム構築プロジェクトを通じて進めていきます。

SEの経験が浅いうちは、プロジェクトでの仕事の進め方に不慣れでもあります。そのため、さまざまな理由により頭を悩ませます。

  • 自分の立ち位置がわからない。次に何をしたら良いのかわからず、一日が過ぎていく
  • 周りの人は、皆忙しそうにしていて仕事を教えてくれない。わからないことがあっても聞きにくい雰囲気だ
  • 上司に思い切って質問してみたら、「こんなことも知らないのか」という態度を露骨に取られた。自分が初めて遭遇したことなので知らないのは当然なのに、なぜ怒られなければならないのか
  • この人たちは、実は他人に仕事を教えるのが不得意で、きらいなのではないだろうか
  • そもそも先輩たちは、自分でも正しい仕事の進め方を分かっていないようだ。先輩たちもその先輩にみっちり教えられてこなかった、時間をかけて努力してここまで仕事を覚えたと思っているのだろう
  • それにしても、業務のマニュアルや手順書がない。何年も前に作られた古いマニュアルはあるのだが、実際の業務に合わせて更新されていないので使えない

この段階で、多くの若手SEが仕事へのやる気を失います。そしてやる気を失ったSEは、脱落していきます。ここで脱落しなかった人へも、さらなる関門があります。SEが経験を積んで中堅になるにつれ、次のように感じる人が出てきます。

  • いつも、技術的に厳しかったり納期的に無茶だったりする案件をやらされる
  • 会社は、わがままなお客に振り回されるているだけのように見える
  • 営業は、何もできない。そしてシステムをわかっていないくせに、無理な案件ばかり取ってきてSEに無理難題を押し付ける
  • 上司との関係、人事評価への不満・不安がある
  • 今の上司は、人を評価できる器ではない。聞くところによれば、今の上司は現役時代特に能力があったわけでもなく、人望があったわけでもないようだ。上司がプロジェクト管理者をやったときは、協力会社の人間に仕事を振って自分はその成果を横取りしてきただけだ
  • 本当に力のある人は、まだ現場でがんばっている。あの年で現場をやらされているなんて、お気の毒だ。自分もいつかこうなるのだろうか

このように、SEで働き続けることに疑問を感じることが増えてきます。SEの現場が、何ともみすぼらしく思えてくるのです。

SE業界の特性

結局、SEを続けていくとシステム開発業界の特性がわかるのです。

SEの主な仕事場は、最新のIT業界ではない

コンピューター技術者がSEになりたいと思う動機として多いのは、「最新のIT技術を駆使して社会の役に立つコンピューターシステムを構築したい」というものです。しかし、SEの仕事場はそのような思いを実現できる場になっているでしょうか。

多くの企業でシステムへの設備投資が一段落しました。そして企業の収益が伸びていないために既存のシステムをリプレースする案件が大多数となっています。既存システムは、クライアントサーバーなど設計が古いものでそれを踏襲しなければなりません。

すなわち、SEの仕事場は、必ずしも最新のIT技術を学び体験できる場ではないのです。

構造的に人海戦術に頼っている

SEの仕事は、いまだに人月商売です。仕様書やプログラムをひたすら書いてなんぼの世界です。自らの技術力を磨けるようなチャレンジの機会は少なく、顧客に言われた通りにシステムを作って(あるいは元のシステムを改造して)システムが完成したらそのプロジェクトは終わりです。

それでいて細々としたカスタマイズ要件が多いために対応工数がかかり、結果としてSEの所属するベンダーの利益も出にくくなっています。すなわち、SEが忙しく働いても会社の利益は出にくい構造になっているのです。

現場SEに支払われる単価が下がっている

かつてのSE業界は仕事が多く、残業代を含めれば高い年収を稼ぐことができました。システム構築後も、保守やリプレースで仕事がなくなることはなく食いっぱぐれが少ない業種でした。

しかし、システムにかけられる予算がどこも厳しくなりシステムの受注金額は下がる一方です。その結果、システム構築の実作業を行う現場のSEに支払われる単価が下がり、業務委託の請負化により残業代も出にくくなりました。

現場SEは使い捨てされる

こうして、次の事実に気づきます。「現場のSEやプログラマーは、使い捨てだ」と。いくら個人が高い技術力を持ち問題解決が速くても、会社はそのSEに今のパフォーマンスで少しでも長く働いてもらいたいと思うだけです。

その人の仕事力を共有して仕組みを作ろうとか、後継者を育てようという考えがなかなか起こりません。その役目は、本来会社の管理職の仕事です。しかし管理職は、経営層から指示された別の仕事をするのに手一杯で、現場のSEを育成できる力がないのです。

多くの管理職は、現場を知りません。そのため管理職は、SEの仕事や現場や個人の能力をわかっていませんし、認めてもくれません。SEは、長年仕事を続けても大きなスキル向上は期待できないのです。

それでいて、今後システム価格の相場がさらに下がったらどうでしょう。今の業界動向を見れば、十分にあり得ることです。そうなれば、いよいよSE業界の存続があやしくなります。若手のSEも入ってこなくなり、今の仕事を延々と退職まで続けなければなりません。

今の仕事が好きで好きでたまらない、定年までずっとやっていきたいという人ならそういう仕事人生もいいでしょう。しかしそうでない人、さまざまな仕事を経験して将来はスキルアップをしていきたいと考えている人にとっては切実な問題だと思います。

我々SEは、大きな業界構造の変化に備えて行動を起こさなければならないときが来ていると思います。

SEが豊かな人生を送るには

それでは今現在、現場の第一線で働くSEはどうしていけば良いでしょうか。

  1. 現状を受け入れる。システム設計構築の専門家として、唯一無二の存在になる
  2. 今の会社でキャリアアップする
  3. 転職する
    • 同業種
    • 異業種
  4. フリーエンジニアになる、起業する

上記の項目のうち、1, 2を目指す向きについてはここでは述べません。

3の転職を目指す方へ。できることならこれまで培ってきたスキルを生かした転職が良いでしょう。なぜなら、SEの転職は、コンピューターが嫌いになって転職するというよりも、SE業界の構造や職場の人間関係で辞めたくなる人が多いと思うからです。

人間関係がどうしてもがまんできないなら同業種に転職するのも良いですし、「ITコンサルタント」などスキルを活かした職に就くのも良いと思います。原因を正しく認識してその解決策を模索すれば、道が開けます。

まったく同業種とは限らなくても、システム・インフラ・データベースの知識経験などを生かせる業種はあるでしょう。異業種の会社の社内SEになるのも良いと思います。社内SEは、会社の情報システム部門の社員になって、自社の情報システムの面倒を見る仕事をします。

いずれにせよ、転職する場合は転職エージェントを活用すると良いでしょう。転職エージェントには、豊富な情報がありますし転職エージェントのコンサルタントに相談することもできます。

逆にまったくの異業種への転職となると、あなたがかなり若くない限り相当の努力が必要になるでしょう。必要な業界知識や常識が、SEのころとは異なるからです。

4.「フリーエンジニアとなる、起業する」フリーエンジニア(個人事業主)となって、システム開発を直接受注するのも悪くありません。会社にいた頃より、仕事量はセーブしつつ収入を上げることもできます。

また、起業するという選択肢もあります。毎月決まった日に給料がもらえる会社員よりも倒産廃業のリスクが高いですが、SE業界の構造に不満を持ちながら仕事をするとか職場の人間関係で悩むといったことはなくなります。

あとは、あなたの選択にかかっています。ここで大切なのは、必ず「自分の考えで選択すること」を行ってください。選択は、能動的な行為です。「このままでいる」も選択です。

しかし「今は、考えないでおこう」は選択からの逃げになってしまうと思います。逃げの姿勢を続けていると、いざというときに必要な行動クセがなくなってしまいます。そしていつしか、今のように人生について考えるのがおっくうになってしまいます。そうならないようにしたいものです。

ここまで述べたように、SEを取り巻く環境は10年前や5年前からずいぶんと変わってきています。今の仕事をまじめにコツコツと続けていくのも一つの選択ではありますが、忙しい中でも自分の人生のキャリアアップを考えることも大事だと思います。

あなたが今のままで仕事を続けていって、10年後に後悔しないかどうかよく考えるようにしてください。