KENTA452_tringu_TP_V-2

パソコンなどを使ったコンピューターシステムで、よく「32bit」「64bit」という言葉が出てきます。「bit」(ビット)とは、コンピューターが扱える情報の最小単位のことでbitの値は「0」か「1」であらわします。コンピューターの内部では、この「bit」を複数並べて数をあらわします(ちなみに、このような数値のあらわしかたを2進数といいます)。

「32bit」は1bitを32個並べ、「64bit」は1bitを64個並べて数をあらわします。bit数は、「基本的な数をあらわすためのbitの幅」のことで「プログラムが一度に扱えるデータの幅」となります。したがって、一般に64bitのプログラムは32bitよりも一度に扱えるデータの幅が広くなります。そのため、多くの処理を高速に実行することができます。

近年は、このbit数が「32bit」または「64bit」で混在しています。場合によっては、これらを適切に選択しなければならないことがあります。それでは、これからシステム開発を行う場合に、「32bitか64bitか」の選択をどのように考えていけば良いでしょうか。

ここでは、システム開発を行うときに必要となる「32bit」「64bit」の選択方法についてお話ししていきます。ここで述べる内容を理解することにより、システム開発に必要なOSやアプリのbit数に関する基礎知識を習得できます。

この記事に出てくる用語を次に示します。

  • OS(オーエス):コンピューターを動作させるための基本ソフト。Windows、Linux、Mac OSなどのこと
  • アプリ:OSにインストールして使う応用ソフト。Microsoft Officeやウイルス対策ソフトなどのこと。システム開発で作るソフトも、アプリである

なぜ、bit数が異なるOS/アプリのバージョンがあるのか

OSやアプリなどのソフトウェアで、「32bit版」「64bit版」というように2つのバージョンが存在することがあります。これらのソフトウェアは、機能が同じなのになぜ2つあるのでしょうか。それは、ソフトウェアの動作条件が異なるからです。実践的には、次のことを理解しておけば良いと思います。

パソコン業界の一般的な動向

  • 1990年代終盤より2010年位まで、パソコン用ソフトはほぼ32bit一本だった
  • 現在は、32bitから64bitへの移行の過渡期である。将来的には64bit一本に近づいていくが、過去のソフトウェア資産の互換性のため32bitも残る

OSの機能の違い

  • 32bit OSは、32bitアプリしか動かすことができない
  • 64bit OSは、32bitと64bitアプリの両方を動かせるように作られている

アプリ開発の制約

  • 業務のシステムのたいていの用途では、32bitアプリで十分に実用になる
  • 2010年以前に作られた古い32bitアプリは、64bitに変更しようとしても難しい場合がある
  • 新規にアプリ開発を行う場合、32bitアプリ/64bitアプリとも比較的容易に作ることができる。OSのbit数によって自動的に動作を切り替える(両対応)ことも可能

OSとアプリの32bit/64bitの選択

上に述べたように、「64bit OS」は「32bitアプリ」「64bitアプリ」の両方を動かすことができます。したがって、「OSは、64bit版を選択する」のが無難です。

64bit OSの中に32bitアプリを混在させるのは、気持ちが悪いと感じる方もいるかもしれません。しかし、64bit OSの中には32bit OSと同じ環境がほぼそのまま入っています。したがって、実際には32bit/64bitアプリが混在することに何の問題もありません。

一方、アプリ開発については「新規にアプリ開発を行うならば、両対応にする」「過去のソフトウェア資産を生かすには、32bitアプリのまま継続する」となります。最近のアプリ開発案件は、既存アプリの改造が多くなっています。そのような場合、過去のソフトウェア資産を有効活用するという観点がしばしば有効になります。

ここまで述べたように、32bitから64bit環境への移行の過渡期においてはOSやアプリのbit数の選択が必要になってきます。特にアプリ開発においては、過去のソフトウェア資産の有無によって適切な選択が変わることもあります。開発するシステムの要件に応じて適切なbit数を選択するようにしましょう。