takebe_fishon_tp_v-2

システム開発のプロジェクトを統括する人のことを「プロジェクトマネージャー(プロマネ)」といいます。多くのシステム開発会社では、数年のプログラム開発(PG)またはシステムエンジニア(SE)を経験してからプロマネに就任することになります。

プロマネの仕事は、プロジェクト全体の運営に関わるものです。プロジェクトには、システム開発以外の要素、たとえば「プロジェクトメンバーの労務管理」「顧客との折衝」「リスクマネジメント」のような仕事が入ってきます。そのため、それまでのPGやSEの経験とは違ったスキルを求められます。

ここでは、プロマネが安心してプロジェクトを任せられるようになるためにどのようなスキルを身につけたら良いかについてお話ししていきます。ここで述べる内容を理解し実践することで、プロマネとして良い仕事をしてプロジェクトを安全確実に遂行できるスキルを身に付けることができます。

プロジェクト初期にプロマネがはまりやすい罠

PGやSEしかやってこなかった人が、ある日突然上司からプロマネをやれと言われたらどう思うでしょうか。きっと、「プロマネの仕事とは、こういうものだ」と教えてくれる人はいません。

それまでに優秀なプロマネの下で働いてきた人ならばともかく、そうでない人も多いのです。そのような中で、いきなりプロマネの仕事をしろと言われても、初めは大変なとまどいを覚えるものです。

たとえばプロジェクトの初期に、チームのメンバーが何から手を付けたら良いかわからず手持ち無沙汰に仕事を待っている状況になることがあります。プロジェクトは寄せ集めのメンバーでまとまって仕事をしたことはなく、メンバーの士気はさまざまです。

そのような状況でプロマネがメンバーに適切な仕事の割り振りや指示ができなければ、プロジェクトはまったく進まず当初の予定からどんどん遅れてしまいます。一度進捗が遅れたプロジェクトは、巻き返しが困難です

それでは、プロジェクトのスケジュールが遅れるようなことがないように、プロマネはどのようなスキルを磨いていけばよいでしょうか。

システム開発のプロマネは、技術的ベースが不可欠

PGやSEでいるうちは、プロジェクト全体の中の一部(サブシステム)をきちんと仕上げることが重視されます。サブシステムの設計開発では、プログラムやシステムの詳細設計に関わることが多いでしょう。それには、コンピューターの取り扱いやソフトウェア開発をはじめとする「技術力がものをいいます。

技術力は、システム開発の現場で仕事をするための基礎力でもあります。基礎ができていない人は、現場に行ってもまったく使い物になりません。そのためPGやSEの人にとって、技術力は飯を食う種として最重要なものになります。

この点は、プロマネも同様です。プロマネが現場に行っても現場のユーザーからの要望にまったく答えられなければ、そのプロマネはユーザーから信用が得られません。ゆくゆくは、そのようなプロマネの所属する会社も信用されなくなるでしょう。そのため、プロマネには技術的ベースが不可欠です。

ただしプロマネは、そのような技術力を深いところまで極める必要はありません。技術力は、少し時間を取って学習すれば誰でもある程度のところまでたどり着くことができます。独学でも可能です。

そしてネットワークやデータベースなど一般的な技術については、多少お金はかかりますが学校に通えば身につけられるでしょう。

プロマネの中には、エンジニア出身で技術をばりばりにこなす人もいます。一方、自分では技術はまったくやらずに全部他人に任せて自分はプロジェクトのリーディングだけする人もいます。

ここでプロマネが技術をまったくやらなくても良いなら、その方が楽なように思えます。しかし、大規模プロジェクトなどでプロマネとは別に技術担当リーダーがいるなどの特殊な状況を除けば、プロマネ自身に技術力が必要です。

なぜなら、プロジェクトの進行中もしくは完了後の保守フェーズなどにおいて突発的な作業が発生した場合に誰に何の作業を割り振るかを決める必要があります。人に作業を割り振るには、その人が適任であるという客観的な根拠が必要です。

ここで技術力のあるプロマネは、仕事の割り振りの正しい根拠を提示することができます。そして技術のわからないプロマネは、確かな根拠もなしに適当な人に作業を振ってしまいがちです。その結果、メンバーが不満を持つようになってプロジェクトが破綻に向かいます。

そのため、プロマネがプロジェクトの運営を円滑に進めるにはシステムに関する技術的スキルが重要になると考えられるのです。

頼りになるプロマネになるには、人間的魅力も重要になる

これまでにプロマネが技術的スキルを持つ重要性についてお話しましたが、プロマネは技術的スキルだけでは務まりません。PGやSEの延長線上でプロマネの仕事をすると必ず失敗します

それは、プロマネの仕事の中に、システム仕様の変更要求があったときに「ステークホルダー(プロジェクトの関係者)」へ伝達・共有を行ったり顧客と折衝したりといったものが含まれるからです。そして、プロジェクトのリスクとなる部分を早期に発見しリスク回避の手段や方針を決めていく仕事も含まれます。

このようなプロジェクト全体のマネジメントの仕事については、普通の技術力だけではどうにもなりません。顧客との厳しい折衝を行うのに、技術を前面に出してはむしろ話がこじれてしまいます。

問題が起きてからではなく、普段からステークホルダーとの良好な関係を保ちいつでも腹を割って相談できる人間関係の構築が必要です。そのため、プロマネには、自らのマネジメント能力を人に納得させる力が求められます。

プロマネの仕事は、飲み会で言えば幹事の仕事がそれに近いです。旅行で言えば、ツアーコンダクターのような役割です。プロマネは、何も飲み会で参加者を笑わせたりツアー中のバス移動で歌を歌ったりする必要はありません。しかし、プロジェクトメンバーや顧客の気分を乗せるような工夫は時に必要になります。

このように、システム開発におけるプロマネが円滑に仕事を進めるには技術的スキルが重要になります。技術スキルが明確であれば、所属するプロジェクトメンバーが多くの仕事を割り振られてもあまり反発されることがありません。メンバーが技術面で困ったときにプロマネが頼りになるという安心感もあります。

しかしプロマネが技術スキルを持たない場合、プロジェクトメンバーがプロマネから理不尽と思える仕事の割り振りをされると不満が起こります。そして、「あのプロマネはわかっていない」と悪評にも発展します。

そして、プロマネには人間的魅力を兼ね備えることが必要です。プロマネは、プロジェクト運営において普段からあれこれ手を動かす必要はありませんが、ここぞというときに「あのプロマネなら何とかしてくれそうだ」と人に思わせるような立ち居振る舞いをすることが重要であると言えます。