IS107104102_TP_V-2

仕事で使う業務システムは、その完成度が高ければユーザーの業務を最大限に効率化してくれます。その一方で、これまでに低品質な業務システムに当たってしまい大変な目に会ったことがある人もいるでしょう。

このように、システム開発においては機能が優れているだけでなく満足な品質を確保していくことも必要です。そのため、人によっては高品質にこだわるあまり過剰な品質管理を行ってしまうことがあります。しかし、品質への過剰なこだわりはまったく無意味であると言えます。

ここでは、システムの品質に過剰にこだわることが無意味であると考える理由についてお話ししていきます。ここで述べる内容を理解することで、システムの価値提供と品質においてバランス良い設計を行うことの重要性について学ぶことができます。

システムは使われて初めて価値を生む

仕事で使う業務システムを開発するにあたり大前提となるのは、「そのシステムを使うことで、日頃の業務をどれだけ効率化できるか」という考え方になります。当然のことですが、システムは使われなければ開発する意味がありません。

使えるシステムを構築するためには、数多くの複雑な工程管理が必要です。正しい開発工程を守らなければ、システムを動かすことができません。

そこで、「開発工程の品質管理を行うべきである」という考え方が生まれてきます。システム開発会社において、これらの開発工程を管理し品質を確保するのは「品質保証」の担当者の仕事になります。

品質保証の担当者が適切な仕事をしてくれているのであれば、問題はありません。しかし、品質保証の担当者が目先の品質や工程管理基準にこだわりすぎてしまうようなことがあると組織的に問題となります。

具体的には、品質保証の担当者が「システムの不具合は、決して出してはいけない」「作業手順書に沿わない作業は一切認めない」「システムの不具合が出たら、その原因を徹底的に洗い出し担当者の責任を追求すべきだ」といったような考え方になると要注意です。

なぜなら、システムの不具合は積極的に機能開発を行ったり、新規技術にチャレンジしたりしたときの結果として出るものであると考えられるからです。情報システムの業界は、要求の高度化や技術の進歩がたいへん速いです。そのためシステム開発会社は、積極的に新しい技術を取り入れて行かなければ生き残れません。

したがって、システムに不具合が出ることはリスクとしてある程度見込んでおく必要があります。このような業界構造の中、システムの過剰な品質にこだわることは無意味であるばかりかビジネスの機会損失にもつながると言えます。

もちろん、致命的なバグ(システムの不具合)があったり、バグがあまりにも多かったりして使い物にならない状態でシステムを納品してはいけません。しかし、些細なバグが多少残っていたとしても運用で回避することが可能でユーザーの業務を支援する基本機能が完成しているのであれば、そのシステムを積極的に使ってもらうべきでしょう。

過剰品質にこだわっていると組織が歪む

システムの過剰な品質にこだわるデメリットは、他にもあります。それは、すでにユーザーが使っているシステムで不具合が発生した場合に「あなたは、なぜそのようなことをしたのか」というように担当者個人の責任追及を始めてしまうのです。

システムに不具合が起きる原因はさまざまですが、案外単純な人為的ミスであることも多いです。人間の作業に見落としやミスは付き物です。そのような中において、「なぜだ、なぜだ」と品質保証の担当者に責任追求されるようなことを言われては、作業者としてたまったものではありません。

その作業者が、それ以後仕事に対してやる気を失ってしまうこともあるでしょう。これは組織の歪みにもつながり、中長期的に見ると会社のデメリットになると言えます。

もちろん、システムの品質の問題や不具合は少ないに越したことはありません。しかし結局のところ、品質保証の担当者が品質の問題や不具合にいちいち過剰反応するのも良くないのです。

このように、システム開発を行う上では「機能の充実」と「品質の追求」の両方のバランスを保つことが大切です。時々過剰な品質にこだわる人がいますが、品質にこだわりすぎるとシステムの価値提供に支障が生じます。過剰品質にこだわるのではなく、早くお客さまにシステムを使っていただき価値を提供することを優先するようにしてください。