PAK105214618_TP_V-2

システム構築は、システム開発会社の担当システムエンジニア(SE)が行うことが多いです。そして、その担当SEはシステム開発会社に所属する会社員であることが普通です。

それでは、もしそのSEが会社の言いなりになって働く(言いなりにしか働かない)いわゆる「社畜」のような人だったとしたらシステム構築はどうなるでしょうか。結論から言うと、そのシステム構築のプロジェクトはきっとうまく進まないでしょう。

ここでは、システムの担当SEが「社畜」だとどうして仕事ぶりが大して期待できないのかという理由についてお話ししていきます。ここで述べる内容を理解することにより、システムの担当SEの見極めや業務委託先のシステム開発会社の良し悪しの判断に役立てることができます。

システムエンジニアの仕事は、労働ではなく主体的に考えて動くことが重要

SEは、納期通りにシステムを構築し稼働にこぎつけるために仕事をします。そしてシステム開発や構築の作業は、他の製造業などの作業に比べて「圧倒的に複雑度が高い」「成果物の品質を確保するには作業が多すぎて、十分な時間が取れない」という特徴があります。

そのため、SEのマインド(持つべき心)が重要になります。SEのマインドが、「SEの仕事は、労働だ」「自分は今日○○時間働いたから、これで良い」「作業マニュアル通りに仕事をしたから、これで十分だ」というものだとしたらどうなるでしょう。おそらくそのSEは、まともな仕事をすることができません。

先に述べたように、SEの作業はたいへん複雑度が高く必要な作業量が多いものになります。そのため、現場のSEが作業内容や優先順位を自分で考えて主体的に動かないと稼働に耐えるシステムを作ることができないのです。

SEが、どんなに優秀でどんな大企業に属していても同じことです。むしろ、大企業のSEは自らの作業範囲を遵守しようとします。そして、その範囲の外側に一歩でも踏み出すことを嫌います。あらかじめ上司に決めてもらった作業範囲があって、その範囲外の作業は「自分の仕事ではない」となるのです。

一社だけで完結する単一のシステム構築であれば、それでも何とか仕事を終わらせることができるかもしれません。しかし、現在は複数の会社が連携して複数のシステムを接続し一つのシステムに仕立てるのが普通です。そのような場合、一会社のマニュアル通りの作業だけでシステムを動かすのは難しいでしょう。

なぜなら、システムを相互接続するということは接続相手に作業を依頼したり、逆に接続相手から自分たちの作業を聞き出したりしなければならないからです。

これが、もし作業範囲をきっかり順守するSEが担当したとすると、「自分は仕様書を作って相手に渡せば終わり」と考えてしまうのです。もし、仕様書が完ぺきで誤解が発生しないようなものであり、かつ接続相手も完全無欠な仕事をしてくれる人ならばそれでもいいでしょう。しかし、実際にはそのようなことは皆無です。

したがって、SEは人の言いなりでなく現場で主体的に考えて動くことが求められます。そのように心がけることで、確かなビジョンを持ってシステム構築を進めることができます。そして、SEの持つべきマインドは、「常に顧客のことを考え、先手を打つこと」だと思ってください。

システムエンジニアは、所属会社から作業の具体的な指示を受けていない

システムの担当SEが、「社畜」である疑いが強い人だったとします。ここであなたは、「このSEは、会社の言った通りに動く人なのだ。幸い、この人の会社は大手企業だ。会社は、この人に対して具体的な作業指示を出しているだろう。だから結局のところ、このSEに任せておけば安心だ」と思うかもしれません。

しかし、そのような淡い期待はきっと裏切られるでしょう。なぜなら、現場のSEに具体的な指示を出すようなシステム開発会社はまずないからです。

システム開発会社であっても、会社が社員に対してやることは基本的に「労務管理」です。労務管理とは、いわゆる出退勤管理のことです。会社の上司は、基本的に社員の労務管理と経営者から寄せられる会社の問題点をどう改善するかということしか考えていません。システム構築の具体的な作業は、ほぼ現場任せになるのが普通です。

要するに、システム開発会社の上司はあなたが携わっているシステムについてほとんど知らないのです。そして、上司が現場のSEに対して具体的な作業指示を出すこともありません。したがって、社畜SEは何かの問題が起きたときに上司からの指示を待つばかりで自ら考えて仕事を進めようとしなくなってしまうのです。ここに、社畜SEでは大した仕事が期待できないと言える理由があります。

ここまで述べたように、システムの担当SEが社畜SE(会社の言いなりにしか動かないSE)であるとすると、そのSEのマインドが変わらない限り大した仕事は期待できません。あなたが自社のシステム管理に携わる人ならば、そのような社畜SEに振り回されることのないようシステム管理の仕事を行うようにしましょう。