KENTA849tougewokoeru_TP_V-2

多くの人が、ビジネス用のホームページやブログなどのWebサイトを作っています。現在は、Webサイト作成用のソフトやブログ作成サイトが多数あります。それらのソフトは、通常「CMS(Content Management System、コンテンツ管理システム)と呼ばれます。「WordPress」や「ホームページビルダー」のようなWeb作成ソフトも、CMSです。

ここで、CMSの「S」は「システム」です。つまり、Webサイト作成ソフトは一種のシステムなのです。現在のCMSは豊富な機能を持っており、複雑なWebサイト作成を強力に助けてくれます。そして、多くのWebサイトは専門知識がなくてもビジュアルで作成できます。

しかし、CMSでは簡単にできない作業もあります。例えば、Webページのカテゴリーの移動などに伴い「あるページにおける50記事のリンクを、一気に別のページに移動したい」というものです。このような作業をCMSで行うには、普通は「1記事ずつ元のページのリンクを削除し、新しいページでリンクを再作成する」ということになると思います。

1つ1つの作業は単純ですが、記事が多くなるとやたらに時間や労力がかかる作業になります。しかし、このような作業を早く効率的に行う方法もあります。少しだけWebサイトの記述に関する知識が必要になりますが、それも難しいものではありません。

ここでは、Webサイトの記述に関する基礎知識とWebサイトを早く効率的に編集する一手法についてお話ししていきます。ここで述べる内容を理解することにより、Webサイトの編集作業を早く終わらせるためのコツが習得できるとともに「Webサイトがどのように作られているか」について理解を深めることができます。

WebサイトはHTML言語で記述されている

Webサイトは、「HTML」(HyperText Markup Language)という専用の言語で書かれています。HTMLは、「コンピューターが理解できる文書」でありフォーマットが決められています。Webサイトの記事には、本文の他に見出しや段落、箇条書きなどがありますが、それらもすべてフォーマットが決められています。

HTMLは、WordPressなどのCMSでWebサイトを作っている最中に人間が意識することはほとんどありません。それは、CMSが人間の操作をすべてHTMLに変換してくれるからです。

CMSによっては、HTMLの内容を確認することができます。例えばWordPressというCMSの記事作成画面では、「テキスト」というタブを選択するとHTMLを表示できます。

HTMLでは、本文や見出しなどの文字列を「<h2>」「</h2>」のような記号文字で囲みます。この「<…>」を「タグ」と言います。そして、先頭の2文字目に「/」(スラッシュ)のないタグを「開始タグ」、スラッシュのあるタグを「終了タグ」と言います。HTMLは、このように文字列を開始タグと終了タグで囲んで記述していくのがルールとなっています。

最終的に、すべてのWebサイトはHTML形式の文書に変換されます。そして、「Webブラウザ」がHTML文書を表示することによって、人間がそのWebサイトを見られるようになります。

文書編集にテキストエディターを用いる

それでは、「コンピューターが理解できる文書」を編集するにはどのようにしたら良いでしょうか。文書の編集というと一般には「Microsoft Word」のようなオフィスソフトが良く知られています。しかし、オフィスソフトはビジネス文書作成を主な用途としています。そのため、オフィスソフトを使うのはやや不適切であると言えます。

コンピューターが理解する文書を編集するには、「テキストエディター」が適しています。Windowsの標準ソフト「メモ帳」もテキストエディターです。その他、有料・無料のテキストエディターが一般に広く出回っています。テキストエディターは、HTML以外にもメモ作成などに使うことができますので、パソコンに一つ入れておくと重宝するでしょう。

HTMLを編集するために専用の「HTMLエディター」もあります。ただしこのようなソフトは、HTML作成のための機能を多く有していますが使い方もそれなりに難しく慣れが必要です。どのようなエディターを使うかは、使う人の好みで構わないと思います。

HTMLはテキストエディターで編集できる

例えばCMSとしてWordPressを使っている場合に、冒頭のように「あるページ(ページAとします)の50記事のリンクを、一気に別のページ(ページB)に移動したい」ときは次のようにします。ページAとページBは、すでに作成済みとします。ただし、ページBの具体的な内容は未作成で構いません。

  1. ページAを表示し、「テキスト」タブを選択してHTMLを表示します。
  2. HTMLのうち、移動したいリンクを含む開始タグから終了タグまでをマウスで選択しコピーします。リンクを含むタグは、通常<a href=…>…</a>のように記述されています。必ず、開始タグから終了タグまでの全体をコピーしてください
  3. テキストエディターに、コピーしたHTMLを貼り付けます。
  4. ページBを表示し、HTMLを表示します。そのHTMLに、テキストエディターにコピーしたHTMLを貼り付けます。
  5. ページBを保存します。ページBを「ビジュアル」表示し、正しく作成されたことを確認します。
  6. ページBが正しく作成されたことを確認したら、ページAのHTMLから移動後の不要なHTMLを削除し保存します。

このような作業をCMSの編集機能で行おうとすると、大変時間がかかり作業ミスも起こりがちです。HTMLの編集方法を少し知っているだけで、かなり効率的にページ編集が行なえますので覚えておくと良いでしょう。

ここまで述べたように、Webサイトの編集はちょっとしたコツを知るだけで早く効率的に行えるようになります。普通にWebサイトの編集を行うと時間のかかる作業を早く効率的に終えることによって、その分良いコンテンツを作るための時間を確保できるようにしましょう。